皆さんは、本当に困難で解決できないように見えた私たちのこの活動を、何年もの年月を通して支持してくれました。動物たちは常に私たちを信頼して、批判や非難なしに助けてくれると信じています。私たちは、人と動物とが共存できる社会を作るために努力をし続ける責任があります。皆さまからのご助力をお願いいたします。

エリザベス・オリバー

 

ご支援のお願い

オリバーによる動物愛護への献身30年間を 次の時代に紡いでいくために、

皆さまのご協力をお願いします。

 

アニマルレフュージ関西 30 年を迎えるにあたって

 
DSC_0945_3.JPG
DSC_0379_2.JPG
DSC_0686_2.JPG
 

〜 持続可能な未来へ 〜

保護団体のパイオニアとして、アークはこの29年を駆け抜けてきました。動物福祉の先進国であるイギリスの考えを日本に取り入れ、レスキュー、動物のケア、リホームなどのノウハウを広めてきました。そして2008年、篠山アーク建設のための第一歩を踏み出しました。完成までの道のりは決して平坦ではありませんが、篠山の施設を十分に稼働させるため、能勢から活動拠点を移す計画が始まりました。それに伴い、現在の規模を一旦縮小し、移動に精力を注いで参りたいと思います。私たちはレスキューをして終わりではなく、新たな家族の元に巣立つまでの期間、動物たちのQOL(生活の質)を維持することも使命の一つだと捉えています。またそれを動物に提供できるのは、里親となっていただく未来の家族です。ぜひシェルターから迎え入れてください。きっとあなたの「Special someone」がいるはずです。より持続可能な活動をするため、長年オリバーが願ってきた想いをかたちにするため、皆さまには引き続きご支援をいただきながら、未来への扉を開いていきたいと願っています。

 

気持ちをかたちに

動物たちの未来に向けて

オリバーの始めた小さな保護活動がきっかけとなり、アークは誕生しました。

今では日本や海外に数千人以上のサポーターがアークの活動を支えてくださっています。令和は「Beautiful Harmony」を目指す新しい時代。アークの活動はまさにサポーターの皆さまとの調和により続けてくることができました。私たちは動物を大切な命、家族の一員、守るべき存在と考えています。人と動物がより共存できる社会、動物たちの未来に貢献していけるよう、皆さまのサポートを力に新しい時代に紡いでゆきます。

2,000円以上ご寄付いただいた方には、税金控除が受けられます。寄付金受領証明書をご希望の方は、

アークまでお問い合わせください。

​​アークではメンバーも随時募集しております。メンバーページよりお申し込みください。

 
 

ARK アニマルレフュージ関西

All Photographic Images © Sae Kodama

©2019 by ARK アニマルレフュージ関西. Proudly created with Wix.com